おせちに使う食材

コンビニでもおせちを販売

おせちは一年で一番めでたい節目

「おせち」とは漢字で「御節」と書きます。もともとは季節の節目の祝日である節日(せちにち)に食べる料理のことでした。そののち、一年の節目の中で一番めでたい祝日の元旦に食べる料理のことを指すようになりました。おせちに用いられる食材にはそれぞれ意味がありますが、地域によって異なるものもあります。例えば祝い肴に入れる料理は、関東地方では田作り、数の子、黒豆ですが、関西地方では黒豆がたたきごぼうに変わります。田作りは五穀豊穣、数の子に子孫繁栄、黒豆は無病息災、たたきごぼうは家の繁栄や開運の願いが込められています。

世界の母の日情報